エステの勧誘を華麗に断る2つのテクニック

お役立ち情報

来年の夏に間に合わせるためには、
今の時期からエステに通うのがベストタイミングです。

半年間集中して取り組むことで、良い結果も出ますし
冬の方が人間は代謝能力が高いので良い事づくしです。

でも、無料カウンセリングや格安体験に行ったとき
しつこい勧誘に遭遇したりしませんか?

お店の人も自分の売り上げのために頑張っている気持ちも分かりますし
こちらにとってより良いサービスを提供するためにグレードアップしたコースや
オプションを勧めてくる気持ちも分かります。

しかし、

そんなにお金ないよ!!借金なんてしたくない!!!

こんなにしつこいなら通いたくない!

って思いませんか?

せっかくやる気を出しているのに、出鼻をくじかれた気分にもなります。

もしくは、あれもこれも契約してしまって後から罪悪感に駆られて
非常に時気持ちが沈んでしまうかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたが、覆面調査などで無料カウンセリングに数十社訪れた私が、勧誘を上手に断る方法を教えます!

スポンサーリンク

テクニックその1:訪問前の事前準備

通える範囲でお店をいくつかピックアップしておく

エステや脱毛は1回行けば終わる事は絶対にありません。

ですので、自分が無理なく通える範囲にあるお店を選んでおく必要があります。

ネットの広告を見て安易に「安いから」「キャンペーン中だから」といってすぐに申し込むのではなく、週1回で通う・月1回で通うとなった時に面倒になって足が遠のかない範囲で決めましょう。

あらかじめどのような施術を望むか決めておく

エステ・脱毛を希望するのは全身なのか、部分なのか。

それによって料金の範囲やお店の特徴で候補が変わってきます。
部分を希望だったはずなのに、いつの間にか全身で契約して割高になっていたなんてこともありますので、しっかりと自分の希望を再確認しておきましょう。

出せるお金や支払方法など上限値を決めておく

効果を得るためには対価が必要です。

  • 貯金はどのくらい崩せるか
  • クレジットカード払いなら何回払いなら月々苦しくないか

など、自分の生活が脅かされない程度を見極めて金額を決めておきましょう。

キャンペーン価格は店舗によっても時期によっても違ったりしますが、
基本料金はどのサロンのホームページににも書いてありますので参考にして考えることができます。

これは後々、店舗に直接行ってカウンセリングや体験を受ける際に
しつこい勧誘を断る手段の一つとして有効になります。

無い袖は振れませんからね!

テクニックその2:女優になったつもりで訪問

すぐに脱毛したい、自分の状態が恥ずかしいからとにかく話をすすめたい
等と焦らずに、お店の雰囲気やスタッフさんの接客態度を見極めるために冷静になりましょう。

そのために考えたのが「私は女優」作戦です。

事前に用意した「目的」や「予算」はこのときのための準備です。
自分のシナリオを、自分で演じるのです。

回りくどいやりかたかと思いますが、演じている前提で話をすると
第三者視点で客観的に判断できるようになるので冷静にもなれます。

それでは、早速挑戦してみましょう。

事前準備した設定を元に対話に臨む

仮に以下の設定としてみましょう。
脱毛の無料カウンセリングを想定してみます。

  1. 脱毛は初めて(今まではカミソリで自己処理)
  2. 全体的に脱毛したいけど予算はあまりない
  3. 支払いにクレジットカードは使いたくない

宜しくお願いします、とあいさつを終えたところで
脱毛サロンは初めてなのでシステムが良く分からないんですと軽く自己紹介しましょう。

そうすることで、スタッフさんは事細かに分かりやすく話をしてくれるようになります。

あらかじめ考えておいた希望をどの程度満たせるか見極める

自分の希望としては予算が少ないけどできるだけ全身脱毛をしたい事を伝えることができたら、スタッフさんは希望に合わせてプランを紹介してくれます。

その際に希望部位を見せることができれば見せて、脱毛するほどでなければ
部分だけに方向転換する事もできます。

ただ、セットプランなどがある場合は全身の方がお得な場合もありますので
できるだけコース内容については色々とツッコんだ方が良いです。

サロンのスタッフさんの雰囲気と話しやすさを見極める

ここまでで色々と話をしてきた中で

  • この人は話しやすいな
  • スタッフさんもいい雰囲気だな
  • サロンに来ている人もお洒落で良いな

など、今後お世話になる可能性があるサロンなので
自分も続けて通いやすい状況かどうかをチェックしましょう。

ただ、カウンセリングに対応するスタッフはベテランのチーフや店長さんの場合が多いので
対応してくれたその方とその他のスタッフが会話していている雰囲気をチェックするのも重要です。

お金の話は恥ずかしがらずにはっきりと話す事

予算はあまりなくて、クレジットカードも使いたくないという希望を
はっきりと伝えます。予算の細かい数字があるならそれを伝えるべきです。

「分割なら月1万円以内でないと困るんです」

その方が向こうの方も理解しやすく、お勧めするプランなどを変更してくれたり
逆に「このお客さんはうちの店に向いてないな」と感じてしつこく勧誘しなくなったりします。

契約したいと思っても我慢が大切

その場での契約は絶対しないことです。

今だけ、今日だけ、と言われるかもしれませんが、
そのサロンの良さは実際に自分で他と比べてみないと分かりません。

締めくくりの言葉は簡潔に

色々と会話が続き、もう十分だ と思った時に沈黙する”間”が訪れます。
その時がチャンスです。

「うん、すごく分かりやすかったです、有難うございます」

と〆の言葉を自分から言います。
いつまでも長々話していても、引き留められるだけですので
十分理解した、前向きに検討しますという雰囲気を出して
撤退準備に入りましょう。

こんな引き止め方をするサロンはお断り推奨

  • 今日申し込まないとこの割引は使えません
  • ○○さんだけに用意する特別料金です

これを何度も繰り返すようなサロンは、カウンセリングに来た全員に言っていますし
また後日同じようなキャンペーンをやったりするので今回限りの料金なんてありえません。
また、契約を焦ってさらに値下げしてくる場合もありますので益々信用してはいけません。
そんなまでしないとお客さん来ないの?大丈夫??と不安になってください。

サービスをお金で買うのは私たちです。
自分に合うものを、たくさん並べた中から一番良いものを選ぼうという気持ちを強く持ちましょう。

優しいスタッフさんだったからなんとなく断るのが申し訳ない

なんて思う必要はありません!
こちらも自分の人生と大事なお金をかけるんです。

契約してしまっても後悔しているならクーリングオフを!

万が一契約をしてしまっても、8日以内であればクーリングオフをすることができます。

契約をする際に説明が必ずあるので、あれよあれよと契約させられていても
受け取った契約書類のどこかに記載されているので探してキャンセル処理ができます。

やってしまったー!と思って仕方なく通うより
一度冷静になってやっぱり無理だと思えば早めに手続きをしましょう。

まとめ

なんとなくカウンセリングに行って、なんとなく契約して通うのはもったいないです。

自分のペースに合ったサロン、雰囲気が気に入ったサロンを見つけ出すために
絶対に複数のサロンをハシゴすることをお勧めします

中には、他のサロンを回ってきてもウチが良いと言って下さるなら月末までこの価格でお待ちしています等、割引適用の猶予を提示してくれるところもあります。

できるだけ融通が利くサロンを見つけて楽しく通いたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました