「はれのひ」騒動に見るレンタル衣装について30代OLが思う事。

その他・時事etc

仰天するような事件から1週間が経ちました。

騒動の中心地のひとつ、横浜市では
成人式の再開際を検討しているようですね。

人生の節目、その晴れ舞台に思い入れのある衣装を着ることが出来なかった悔しさは
想像を絶します。

かく言う私も、実は大学の卒業式で
忘れようと思っても忘れられない、
貸衣装で経験した納得できない思い出があります。

スポンサーリンク

私の、忘れるに忘れられない着物エピソード

今回の騒動に比べれば、大したことがないことかもしれません。
しかし、自分にとって人生で1回だけの大きな晴れ舞台であった事は確かです。
禍根を残すと本当にやりきれない思いがして、ふと思い出したときに
トラウマのように自分の人生につきまとってきます。

特に女性は、めったに着ない着物に袖を通して
華やかに着飾って・・・
今日と言う日をめがけて入念に準備を重ねてきたはずです。

共感しています、と言ってしまったら烏滸がましいですが
私も似たような経験をしたので黙ってはいられませんでした。

「イメージと違う着物を着付けされてしまった」

そんな出来事が、今もずっと心残りなんです。

事件は、大学の卒業式で。

振袖は、両親に仕立ててもらっていたので
卒業式後の謝恩会で着用するのはその振袖と、レンタルの袴だけでした。

母が着付けを習っていた先生に格安で貸してもらえると推してきたので、
その先生から一式お借りする事になっていました。

上着、振袖部分以外をレンタル、ということです。

振袖は赤でしたので、紺色系の”グラデーション”がある袴が良いと強く希望していました。

出典:http://www.hakama-girls.net/

こういう感じのものです。

母は、「分かった、ちゃんと用意するから」と言ってくれたので
それ以上は確認せずに、大変安心しきっていました。

ところが、当日着付けのためにお伺いした先生のお宅に用意されていたのは
全く違ったグラデーションパターンの袴だったのです。

私が希望していたのは、水平にグラデーションがかかっているものでしたが
用意されていたのは垂直に各折り目にグラデーションがかかっていて、
近くで良く見ないと普通の紺色に見える袴でした。

「これじゃない!」と思わず言ってしまいました。

パニックになって涙まで出そうで、叫びだしたくて・・・。
何とも言えない悲しい気持ちになったのを今でもよく覚えています。

母がお世話になっている先生の手前、あまり取り乱してはいけないと
かなり我慢をして着つけてもらいました。
割と高級な生地を使って作られている袴だったようで、母や先生は
「こっちのほうが絶対にはきごこちが良い」「こんな高級品なかなかないよ」
と、あれこれ言っては私をなだめてくれようとしていましたが、
「そんな問題じゃない」という気持ちで一杯だった私は、最後まで無言でした。

どんな袴か事前に確認していなかった私も悪いですし、
ずっと不機嫌な態度で大人げなかったな、と少しは反省しますが
本当に本当に気分は最悪でした。

今でも、やり直したくてたまらない気持ち。

30を過ぎて、あれから10年以上経つというのにまだ納得できていないんです。

できることなら、もう一度あの頃に戻ってやり直したい。
自分でお金を出すから自分の好きなデザインのものをレンタルしたいと
言っておけばよかったな・・・と、後悔ばかりです。

お金を出してくれた母には申し訳ないのですが、こんな歳になっても
卒業シーズンに道行く袴姿の女子大生を見る度に
辛い思い出として何度でも蘇るのです

ニュースや世間の反応を見て考えた事

自分の身に起こったケースは違えども、
一生に一度の晴れ舞台を台無しにされた記憶は
決して消えることはありません。

お金やお着物を持ち逃げされた方について

  • 預けていた着物を持ち逃げされた
  • お金も帰ってこないかもしれない
  • フリマアプリで出品されているかもしれない

様々な不安と憶測が交差して、非常に不安な状況です。

業界人でもない私が少しでも協力できることは、オークションやフリマアプリで
疑わしい出品がないかどうか目を光らせ、
有益な情報はSNSを通じて拡散することだけです。

一着でも多く持ち主の方に返却されるよう願っています。

自分では着ることができないド素人だけど、着物が好きな日本人の一人として
この事件が解明されて納得のいく結果となるよう強く願っています。

行方の分からない責任者や関係者について

社会人として、大人として、人間として最低なやりかたで卑怯です。

真実を明らかにするためにきちんと公の場に出てくることを望みます。

まとめとして

成人式当日になんとか代替の着物で参加できた人もいたでしょうけれども、
間に合わなかった方、手配が出来ずに着物を着ることが出来なかった方、
自分の気に入った着物ではなく、納得ができずに参加を見送った方、
様々いらっしゃるかと思います。

お気持ちが痛いほどわかる分、この事件はしっかりと解決させてほしいなと考えています。

もしこれが自分の身に起こっていたら?
自分の娘に起こっていたら?

考えるだけでやりきれません。

どうか納得できるような結果になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました