メルカリの振込みトラブルに注意!どうあがいても手数料が取られるシステムに泣き寝入り

フリマ・ショップ

出品したい人も買いたい人も、

    • システムの登録料は無料
    • スマホで簡単に売り買いできる

メルカリ
を利用している人は多いのではないでしょうか?

お手軽さとは裏腹に、出品者には厳しい出品手数料「10%」システムがあり
購入希望者からの値下げ交渉も活発なので、頭が痛いところです。

TVでの宣伝も活発だったので利用者が非常に多く、
売り買いが活発なのが魅力的なのですが、
品物を出品する側として「手数料10%」以外に悩ましいシステムがもう一つあります。

それは、「振込手数料」です。

スポンサーリンク

メルカリ利用で取られる手数料

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

メルカリ- かんたん購入・出品 フリマ通販アプリ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

メルカリは無料でダウンロードして利用できるフリマアプリですね。

中古品から新品まで、スマホで簡単に出品できるので
断捨離にも最適です。

私も趣味のコレクションが部屋いっぱいになってしまったときに
手軽に出品できるのでよく利用しています。

また、購入する時は

  • キャリア決済
  • クレジットカード
  • コンビニ払い

が利用できるので気軽に買うことができます。

購入者にかかる手数料

スマホ、インターネット回線さえあればアプリを利用するだけで
かかる料金はゼロです。

購入した品物の代金を支払うだけでOK

ほとんどの品物が「送料込み」で出品されているので
お気軽に購入することができます。

出品者にかかる手数料

  • 出品手数料 → 10%
  • 売上金振込手数料 → 210円※

どうしても逃げ切れないのがこの出品手数料です。

1,000円の品物が購入されれば、手元に入るのが900円。
10,000円の品物が売れれば、手元に残るのは9,000円。
そこからさらに送料込みにしていればその分だけ売上が減ります

同じフリマのラクマは2018年11月現在で出品手数料は3%、
ヤフオク!提供のフリマモードでも10%かかります。

 

そしてもう1つ、忘れがちなのが売上金振込手数料です。

振込先の銀行の種類は関係なく、
10,000円以下の振り込みに210円の手数料がかかります。

フリマで1万円ってなかなか大変。

しかも、2017年12月から売上金の申請期限が90日(およそ3ヵ月)となり
ますます換金が厳しくなりました。

実際に体験した手数料2倍事件


ある日

売り上げが9千円ちょっとある状態で、我慢できずに換金したときの話です。

普段使っている受取口座から、別の口座へ振り込もうとして登録情報を変更しました。
新しく作ったばかりの貯金用口座です。

メルカリの振込は、毎週月曜日までに申請を行ったものは同じ週の金曜日に届きます。
口座の変更は簡単でしたので、そのまま売上金の振込申請を行いました。

仮にこの時振込申請をしたのが9,400円だったとします。

1万円未満での申請なので、振込手数料がかかって口座に入ってくるのは9,190円です。
それでも、すぐに現金が欲しかった私は換金することに決めました。

「9千円は入ってくるぞ!やったー!!」

という気持ちで。

 

しかし、ワクワクして待ちに待った金曜日に衝撃のお知らせが。

 

つまり、
何らかの理由で振込することができなかったので、振込手数料は引いたけど売上金はお返しするね!

ってことみたい。

は?
え??

なんですと!!??

売上金が帰ってきたのは良いのだけど、振込失敗しても手数料は引かれるのね・・・。

 

そして気を取り直して、今まで使っていた振込口座に情報を変更して
再度振込申請をやってみました。

すると・・・

また振込手数料が引かれる!!

メルカリに慈悲はなかった。

結局のところ口座に振り込まれたのは8,980円

おとなしく売上金が1万円溜まるのを待つか口座を変更しなければよかった・・・。

さよなら420円。されども420円・・・。

 

これがつい最近実際に体験した、手数料2倍事件です。

スポンサーリンク

購入者に知ってほしい出品者の手数料事情

結局のところ、システムを熟知していなかったために泣き寝入りすることにはなりましたが
急いては事を仕損じるとはよく言ったもの。良い経験になりました。

購入する立場の時は、「安くて送料込みのお得なやつ!」と考えながら買い物をすると思います。
私もそうですから。

でも、この事件をきっかけに考えなおしたことがあります。

値下げ交渉はできるだけしない

これです。

メルカリのシステム上、値下げ交渉は禁止されていませんが
出品者の立場に立つことが多くなると、この値下げ交渉がかなり辛いのです。

出品手数料10% & 送料 を含めて出品しているものに対して
値下げ交渉をされると大赤字です。

それでもいい、少しでもお小遣いを確保したい、早く換金したいと考えている場合ならアリかもしれませんが・・・。

それにしても簡単に値切ってくる人が多くて困っています。

もしこの記事を最後まで見てくださった方で、メルカリで購入者の立場の方がいらっしゃいましたら
値下げ交渉をする前に、ちょっとだけ立ち止まって出品者の方の事を考えてみてほしいのです。

 

お互いに気持ちの良い取引、したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました