お札の新しいデザインへの変更はいつから?2024年11月の可能性大!変更の歴史をおさらい

マネー

お札が新しいデザインになるという発表がありましたね!
さっそく印刷される人物と、新デザインの画像が公開されて
SNSのトレンド入りもして盛り上がりました♪

  • 1,000円札は北里柴三郎
  • 5,000円札は津田梅子
  • 10,000円札は渋沢栄一

にそれぞれ決定されたとのニュースですが、
そもそもお札のデザインってこの前変えたばっかりじゃない??
と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで!今までのお札のデザイン変更の歴史、
ちょっとだけ調べてみました♪

スポンサーリンク

お札のデザイン変更には法則がある?

私が生まれる前は、500円札や1円札が発行されていた時代があります。

2,000円札を除けば、1,000円、5,000円、10,000円札だけで定着し始めたのは60年ほど前から。
今のデザインが3代目になります。

1,000円札のデザイン履歴と発行期間

  1. 伊藤博文 1963/11/1~(21年)
  2. 夏目漱石 1984/11/1~(20年)
  3. 野口英世 2004/11/1~(20年?)
  4. 北里柴三郎 2024/11/1~? ←NEW!

4代目が新しく発表された北里柴三郎です。
全て20年ごとに11月1日から発行されているので、
次回もおそらく同じ法則かと思われます。

5,000円札のデザイン履歴と発行期間

  1. 聖徳太子 1957/10/1~(27年)
  2. 新渡戸稲造 1984/11/1~(20年)
  3. 樋口一葉 2004/11/1~(20年?)
  4. 津田梅子 2024/11/1~? ←NEW!

聖徳太子が利用された時期がかなり長いですね。
私が物心ついたときはもう使われていませんでしたが・・・。

一番5,000円札!という記憶があるのが新渡戸稲造。

いなぞう!と言って親しんでいました。(ゴメンナサイ)

こちらも直近2回は11/1から発行開始されていますので、
次回も同じになる可能性が高いですね。

10,000円札のデザイン履歴と発行期間

  1. 聖徳太子 1958/12/1~(26年)
  2. 福沢諭吉 1984/11/1~(20年)
  3. 福沢諭吉 2004/11/1~(20年?)
  4. 渋沢栄一 2024/11/1~? ←NEW!

福沢諭吉はもはや1万円札の代名詞ですよね。
ゆきちはすぐ財布からいなくなるとか、すぐ家出するとか(笑)
最も親しまれている肖像画の人だと思います。

その諭吉ももう終わりかと思うと寂しいですね・・・。

聖徳太子と福沢諭吉だけが、戦後の発行紙幣で2回も利用された人です。

こちらも、直近2回の変更時が11/1だったことから、
次回もこの時期になりそうな予感がかなりします!

さいごに

昨今の偽造硬貨、偽造紙幣に対抗して
デザインも新たに紙幣がリニューアルといったところでしょうか。

サンプル画像を見る限り
かなりカラフル?になって技巧もハンパなく凝らされているようです。

今のうちに、現在流通している紙幣のピン札でもとっておこうかな?
とにわかコレクターになってみるYukiでした!

新デザインのお札、楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました